茂原市K邸

 1階は2つの和室と水周り、2階はLDKと書斎のワンルームというコンパクトなプラン。

 1階は障子の開け閉めで、玄関ホールを含むワンルームにも変化できる計画です。

 2階はキッチンを中心に、すべてが見渡せる部屋になっています。


外観は、正面から見るとバルコニーも出っ張っていないボックス型です。

 横から見ると片流れの屋根が2段に重なっているのがわかります。

玄関ドアの前にはサイプレスというオーストラリア桧で作られたウッドデッキが広がっています。

玄関ドアは、縞々ガラスが入ってます。

玄関の床は、ウッドデッキが外から続いていて、どこで靴を脱いでいいのか疑問なところです(笑)

 余ったウッドデッキの材料で、建主さんが靴用の棚を作っていました。

東側の和室です。

 障子は、ウチと同じく窓の部分が全部開くように壁に引き込まれていきます。

小さな地窓からは外の植栽が見えます。

西側の和室です。 

こちらの部屋はすべて掃き出し窓で、南側にはウッドデッキ、東側にはぬれ縁があります。

和室は玄関ホールを挟んだ両脇にあります。

障子は玄関側の壁に入っていき、すべて開けると1つの部屋になります。

障子を閉めたところ。 なんか、旅館みたいです。

障子を開けたところ。 普段はこうしているようです。

和室の照明は後藤照明というところの、電球もクラシカルな器具です。

マーヴィンの掃き出し窓の把手は和室用にデザインして作りました。

洗面台は、カウンターにボウルを置いただけのシンプルな物です。 

トイレは、コンパクトな空間ながら、手洗器まで設置しています。

階段を上がっていくと、ワンルームのリビングに出てきます。

火打ちという斜めの構造部分には時計がぶら下がっていました。浮いてる感じが好きです。

キッチンは部屋の中心にあり、TVを見ながら料理ができるようになってます。

後ろには家電が並ぶ棚があります。

キッチンカウンターから、リビングをみたところ。

キッチンカウンターの裏は大工さんに作ってもらった棚になっています。 

コンロの裏側は、15センチ程度の食器を並べるのにちょうど良い棚になってます。

キッチンの前はリビングです。

 テレビや座卓を中心とした落ち着いた空間になっています。 

テレビ台や、ちゃぶ台などもシンプルに設計し、建主さんと一緒に作りました。

リビングの西側には4畳ほどのバルコニーがあります。

ここは、すべて屋根もかかっているので少しの雨では、洗濯物も濡れません。

キッチンの横には3畳ほどの書斎スペースがあります。

一時期はダイニングにもなっていたようです。

この机は、横一列に並べるとぴったりになるように設計してあります。

アアルトのイスがキレイですね。

キッチンの上には、屋根の段差を利用した壁に窓があり、ほんのりと明かりを落としています。

書斎の上にはロフトがあります。

ここは、キッチンやリビングも見渡せる気持ちの良いところです。

また、煩雑になりがちな光ファイバーのモデムなどもここに集中させています。

ouchiya

千葉で住宅設計をしています。家電やガジェット、家具や雑貨など暮らしに関わる小物が好きです。そんな小物を生かした空間を作りたいと思ってます。

0コメント

  • 1000 / 1000